<< 【読書メモ】電通とリクルート(山本直人) | main | やったことが無いことは出来ないのだ >>

ファミレスの呼び出しボタンが日本をダメにする

最近、どこのファミレスに行っても、たいていテーブルに、こういう「呼び出しボタン」が置いてある。


「すみませーん」と大声を出してウェイター・ウェイトレスを呼ぶ必要がないので、客にとって便利なものではあるが、これは、顧客サービスでも何でもない。

ウェイターやウェイトレスたちが、ボーッとしていて、食事をしている客の状況に全く目を配っていなくとも、最低限のサービスが提供できるという点で、これは、店にとって大変に都合が良い道具なのだ。

だが、本来、「客の面倒を見ること」が仕事であるはずのウェイターやウェイトレスたちが、なぜボーッとしているのか?それは、彼らが、どんなに客を満足させたところで、自分達の給料は変わらないことを知っているからだ。

海外、特にアメリカに出かけた日本人旅行者には、すこぶる評判の悪い「チップ」だが、私は、店と客のWin-Winを実現するために、これほど効果的なシステムは無いと思っている。

ウェイターやウェイトレスは、できるだけ多くのチップを貰いたい一心で、常に客の様子に目を配り、「料理はどうか?」「飲み物は要らないか?」「お薦めのデザートはどうか?」としょっちゅう声をかけてくる。

かたや日本では、特に「ボタン」の置いていないレストランに入ると(結構なお値段を取るレストランであっても)、ウェイターやウェイトレスに気づいてもらうのに苦労することは珍しくない。彼らは店の一角に立ってはいるのだが、一体どこを見ているのか、なかなかこちらに気づかない。

「結果の平等」ばかりを求めるがゆえに、個人がどんどん努力や競争をしなくなる「自発的社会主義国家」ニッポン。外で食事をする度に、私は、日本人の「劣化」を感じて、暗澹たる気分に包まれる。。。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
books
links
profile
search
others
mobile
qrcode