<< 「ゼロディフェクト」の誤謬 | main | 【読書メモ】電通とリクルート(山本直人) >>

ワークとライフって本当に「バランス」させられるの?

ちょっと時間が経ってしまったが、何ヶ月か前に日経新聞に掲載された就職特集を読んで、どうにも解せないところがあったので、思うところを書いてみたい。

就職人気ランキングが、おそらく「キミ達が知ってる日本の有名企業ランキング」とほとんど変わらないだろうというのは、まぁ、昔も今も一緒だから良いとしよう。(でも、後先を考えず、有名だっていうだけで、有効求人倍率が0.5倍くらいしかない大企業に誰も彼もが殺到するのは『沈んでゆくタイタニック号の1等船室に乗り込もうと競争しているようなものだ。』という意見もあるので、よ〜く考えた方が良いとは思うけど。。)

そして、どうにも解せなかったのは『重視する就職観』として『生活と仕事を両立』と答えた学生が男女とも最も多かったというアンケートの結果。だいだい、みんな、どういう状態になったら生活と仕事が両立したと言えるのか、本当に分かって言ってるのかなぁ。

やり甲斐も何も感じられない仕事だけれど、毎日5時きっかりには退社できる仕事。時間を忘れて残業しちゃうので、体はキツイけど、とっても楽しい仕事。心身ともに激しいストレスを受ける激務だけど、同世代の連中にはとても稼げないような金額がもらえる仕事。

などなど、仕事には色々あるわけで、しかも、そういう状況の中で、仕事をしている時間と、それ以外の時間の、どちらに楽しみを見つけるか、これは人それぞれだし、そもそも、ゼロか100かという話じゃないはずだ。

でも、そういうことは、仕事をしていくうちに、そしてまた、自分自身の気持ちや環境の変化によっても変わっていく。だから、実際に働いてみなきゃ、『オレ(アタシ)の生活と仕事は両立しているのか?』なんて、分かるわけはないのだよ。

もちろん、仕事はお金のためと割り切って、趣味に生きる人もいるだろう。それはそれで結構。一生のうち、かなりの時間を費やす仕事に楽しみを見いだせない人生というのが、どこまで幸せなのかな、と思わないではないが、それはそれで、一つの潔い選択ではある。

しかし、である。同じアンケートを見ると、仕事をしたい企業を選ぶ時に重視するのは『仕事が面白く』て『規模が大きい』とある。

なるほど、だんだん読めてきた。つまり、みんなが探しているのは「絶対に潰れない会社で、自分がやりたいと思う仕事だけをさせてくれる会社」ってことじゃないのか?

うーん、まぁ"Good Luck"とだけ言っておこう。(苦笑)


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
books
links
profile
search
others
mobile
qrcode